『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

【BD】ここが心配黒い砂漠。

やはりいいところばかりでなく気になるところも書かなくては。
今後の動向が気になる、心配なところは以下3点。

▪️個人間トレードはなし
これはどうやらRMT等の業者対策の模様。
金銭は勿論、物品も譲り渡すことはできない。
知り合いとやる場合、分担してやることもあると思うがそういった場合も渡す手段がない。
売買は全て取引所のみで行われ、個人商店的なものもない(恐らく)

今まで業者対策と聞いても後手程度で無に等しいまのだったことを思えば思い切った英断。
しかしこういった所も万人受けしにくくなるのだろう。
これによって人とのコミュニケーション手段が減ってしまっているのは否めない。
巷でもこれについては賛否両論あるようで、個人的にもまだよくわからない。
ないならない中でどうやっていくか考えればいいわけで。

今のところどのゲームでも見かけたBOTやRMTの宣伝チャットはみたことがなく
調べてみてもやはり存在は確認されていないようだからそこはすごいと思う。


▪️インスタンスダンジョンがない
このゲームの特徴である完全シームレスを再現するにはなくてはならない部分。
しかしそこで問題になるのが獲物の取り合い。こういう奪い合いが苦手な人にはつらい。
皆に平等にというのが発端で生まれたのがIDであり、あるのが当たり前のようになっている現状、
これじゃあ気軽に狩りにいけないよと思う人がでてくるでしょう。
だからこそ人を選ぶと言われてしまうんでしょうが、そこをいれちゃうと他と変わらなくなる。
似たようなのは一杯ある。

IDに辟易している人もいるのは確かですが、分母を増やすには時間がかかり
ヘタすれば受け入れられることなくぐ過疎ってしまうリスクもある。

韓国では当初、フィールド上にレイドボスがいたそうな。。
しかし誰もがふれることができず不満がでて?廃止、召喚という形になったとか。

■ワープ機能がないこと
個人的に惹かれたところでもあるけれど、心配でもある部分。
AAもワープ機能がなかったわけじゃないけれど制限があったため気軽には使えなかった。
しかもなかなかのフィールド広さだったことで結構移動は大変だった。
ただ乗り物が充実していたのがよかった。馬、定期便の馬車、飛行船、グライダー等々。

BDでは恐らく馬がメインとなりそう。かつワープという概念はまったくない。
※ワープではないがキャラ輸送という形で時間をかけて自動で移動させることはできる模様。
これによって時間のない人とかせっかちな人はやってられないなんて話もでてくる。

今の他のMMOに比べれば誰にでもとっつきやすいゲームでは決してないでしょう。
けれどここまでするならとことんサンドボックスという形を突き進んでほしかったかな。
初期の設計はどうやらかなり意識してたみたいだけど、少しずつ崩れていってしまったそうな。。


自分はやったことないけれど元々古くから人気のあったマインクラフトが
ヤフーのニュースにでてくるほどになってました。
サンドボックスという形が流行るいいきっかけになるといいんだけど。

0 Comments

Leave a comment