041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BF4】アタッチメント アンダーバレル比較

アタッチメントのアンダーバレルでグリップ部分が新たに複数でてきました。

全部で6種類あるみたいですが、実質は3つに性能は集約されているようです。
同性能のものは見た目の違いだけなのかな・・・

BF3ではフォアグリップがあがるところと下がるところがあって選択肢しづらかったのが
なぜかBF4では性能はあがれど下がる部分はないようです



■エルゴノミックフォアグリップ/バーティカルフォアグリップ

 移動時の命中率50%軽減

 実際は移動時のADSまたは腰だめの際のスプレッド値が減少しています。

■アングルフォアグリップ/フォールディングフォアグリップ

 初期反動33%軽減
 
 基本的に1発目の銃の跳ね上がりは普通のリコイル値とは別に設定されており
 大きく跳ね上がります。その1発目の跳ね上がりが減少されます。

■ポテトフォアグリップ/スタビーフォアグリップ

 フルオート時の命中率15%軽減
 
 実際はスプレッド値のMAX値が減少しています。
 撃ち続けると広がっていきばらけるわけですが、その広がりの最大値が下がることで
 集弾率があがる感じです。

フォアグリップ比較詳細

アンダーバレルは他に、アンダーマウントレールとバイポッドがありますが
長所しかないフォアグリップならつけない手はないです。

なかなか迷うところですが、一番恩恵がありそうで自分的に一番実用感が
ありそうなのはエルゴノミックでしょうか。
バリバリ動き回る人にとってはこの効果は凄いんじゃないかと。

しかもデータ的に不思議なことになっていて、エルゴノミックをつけると
止まって腰だめ撃ちより移動しながら腰だめ撃ちのほうが広がらないという・・・。
これちょっと効果ありすぎなんじゃないの・・・?

フルオートでぶっ放す場面などあまりないし、反動はマウス操作で多少調整が可能で
この効果が発揮されるのは遠い敵を狙う時だろうし。

反応速度が遅くなってきているので、少しでも早く撃つために腰だめ多用している
自分にとってはやはりエルゴノミックがよさそうです。

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。