『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

【AA】ついにクエスト終了。





ついにクエストが現状公開されている最後まできました。
クエストが主体なわけじゃないので、ぼちぼちやっていたらここまでかかりました。

クエはお金も経験値もいいし装備ももらえますが、どれも生産で賄えます。
特に経験値は生産で手に入る経験値は思いのほか多く、生産のみで生活していても
レベルアップははやいのがポイント。

ただその分、何か作業をする際は必要になる労働力というポイントが存在しており
これによりやり込める人との差を広げすぎないように抑制しているのでしょう。

クエなんていらないっなんて思ってましたが、洞窟探検だったり海底捜索だったり、毒盛られたり
なかなか面白い趣向もあったのでこれはこれでよかったのかもしれません。
勿論なにこのおつかいクエ・・・ってのもあったけど。


話は変わりついに、うちのヤタが妊娠までいきました。


ヤタ繁殖を始めてから2か月くらいでしょうか。。。

子供が産まれるまでに3つの試練をクリアしなければならないため、なかなかの運が必要。

①オスヤタを誕生させる。

 子ヤタを飼育するとたまにオスヤタが誕生する。

②オスヤタの発情。
 けが刈り取れるタイミングで発情するかしないかの判定がある。

③メスヤタの妊娠。
 オスヤタが発情すると付近のメスが頬を赤らめ、次のタイミングで
 妊娠かどうか判定がある。


オスヤタは出てきてしまえばもう問題ないのですが
問題はその次の発情。噂では5%程度だとかなんとか。

乾燥地帯のヤタは適性気候のため、刈り取ってから12時間後に復活します。
なので12時間後に発情するかどうか決まるんですが、
そもそも発情はどれだけ維持してくれるのか、これが心配でした。

一日1回しかログインしないので、深夜1時に毛を刈りとっても、次の判定は13時。
そこで発情してさらに12時間維持してくれてるのか・・・?
あまりにも発情しないのでもしかしてしぼんでるんじゃないのか?と。

しかしその心配も杞憂に終わり、毛を刈りとってから24時間後でも発情を確認できました。
※それ以上はわかりません。。。

なので、乾燥地帯でのヤタ繁殖は、1日1回ログインでも問題ないです。

そして今度は妊娠する確率。これもまた低いので結構大変です。

無事妊娠できたら、さらに抽選。今度はどの種類かどうか。
下記3種類で、キジ以外は移動速度があがり確率低く高価でやりとりされてます。

・キジヤタ
・黒ヤタ
・シャムヤタ


残念ながら今回はキジヤタでした。
でもこれも店では売っておらず、さらにLV30になってるようです。
店売りのはメスヤタの姿で、キジヤタはオスの姿です。

キジヤタは育ててみることにしよう。

0 Comments

Leave a comment