『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

ボルトアクション比較。

正直使う必要性があまり見出せない銃ではありますが
まったく使わないのももったいないというわけで性能比較してみます。


■ボルトアクション 性能差
威力RPM弾速距離即死
距離
ReloadDropOFF
Start
Recoil
1st
HIP
STAND
JNG-9080-5946.2560m/s2800m15m2.5015m1.5x5.0
L9680-5943.5540m/s2700m14m2.6015m1.0x5.0
M40A580-5954.5490m/s2450m15m2.7015m1.0x4.0
SV9880-5948.0520m/s2600m20m2.4020m1.0x3.5
M98B95-5946.2650m/s3250m17m2.9015m1.0x5.0

なぜかSV98が即死距離長いのですが、それ以上の距離はどれにしてもヘッドショットを決めないと
1発で倒せないため、あまり差を感じられないレベルの性能です。

上から3つはあまり変わらず、正直銃のモデルと銃声の好みレベル。
SV98は上3つよりは若干前にいくには向いている銃。
M98Bはかすり傷を負った敵も1発で倒せる点がいいけど、前にいくには不向き。

使うスコープはKOBRA(144%)、HOLO(183%)もしくは、高めな倍率の中で見やすいPK-A(297%)を状況に
よって付け替えて前線を駆け回り、拠点を積極的に下ろしにいきます。
ただどの距離でもヘッドショット1発で倒せる利点を残したいのであまり倍率は下げすぎず。

そして即死距離を生かすためのレーザーサイト装備。
SV98はこれだけ腰だめの精度がなかなかいいのが利点。
レーザーサイトをつければ1.75で、これはアサルトライフルにレーザーサイトをつけてないものより
精度がよい状態です。

※即死距離がSV98だけよいのは、DropOFFStartがよいのと、部位別ダメージに関係しているようです。

わずかな性能かもしれないですが、より前で行動するならばSV98に多少軍配が上がりそうです。
しかし銃の好みで選んでも差し支えないレベルかもしれません。
どれも1発で仕留められなければ終わりですから。

なんだかんだいって自身も移動中はMP412に装備変更してるときが多いし
敵が密集してるのがわかっているときには使いません使えませんw


0 Comments

Leave a comment