『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

エースパイロットへの道 Vol.11 戦線への入り方編

戦闘機を本格的に練習始めてホーネット・フランカーあわせて約10時間。
8時間あたりで急に何か掴めてきてまともに飛べるようになってきました。

あとはもう乗りまくっていろいろな精度を高めていったり経験を積んでいくしかなさそうです。

まだ戦線への入り方が微妙な感じ。

フリールックで空を眺め、各敵の位置を把握した。
じゃあどこから乗り込んでいけば一番いいのか?というのがパッと思い浮かばない。
敵はこっちに気づいているのか?どこへ飛んでいこうとしてるのか。
スピードが速いだけに早く決めないと気づいたらこっちの後ろに向かってるなんてことも。
敵の飛行ルートを予測して自分が後ろを取りやすい飛行ルートを考えなきゃ。

あと、どう立ち回ればいいのかよくわからないのが地上拠点が不利な状況のとき。
巧い人なら下が拠点取られても気にならないのかな。
AAの位置がわからないと敵戦闘機も深追いしづらいし、
単騎でいったらどちらかの敵戦闘機に後ろにつかれる可能性が高い。

自軍側でいったりきたりして空と地上の様子を眺めつつ隙ができた戦闘機を追ったりしてるけど。
もしくは遠目からロケットポッドを撃ってみたり。

1対1になったときもそう。
同じくらいの腕を持っていた場合、グルグル回り続ける場面がある。
1ON1ならそれでしっかり速度調整してしぶとくやり続けるんだろうけど
コンクエではもう一機くる可能性もあるし、ヘリに邪魔される場合もある。

今厄介に感じてるのはヘリのヒートシーカー。
単品ではなんともないけど、敵戦闘機ももってたり、偵察ヘリまで狙ってくると
どちらかがあたってしまう。

まだ速度調整もだめなのでちょっと格上の敵だとすぐ落とされるけど
空には空の立ち回りがあって非常に面白い。

とはいえ今後は戦闘機に固執せずやっていこう。

0 Comments

Leave a comment