『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

エースパイロットへの道 Vol.7 空戦機動編

だいぶ基本操作に関しては意識せずとも反応できるようになってきました。
なので自滅もだいぶ減り空を飛んでる時間が長くなりました。

まあといってもやっとこれからスタートといった感じかも。

操作に慣れただけで戦闘はまだまだです。
速度調整は常に意識するようにはしてから多少旋回がよくなったので
少し食い下がることができるように。
機銃も少し命中率が上がってきたけど、まだまとめてあてることができてない。

追いかける・逃げる動作のパターンが単調なので空戦機動を身体に叩き込もうと思う。

下手くそな自分がいっても説得力ない、間違ってるかもしれないけれど
乗ったばかりの人が使ったらこんな印象だという感じで読んでもらえれば。

・インメルマンターン
・スプリットS

 操作が簡単なので初期の頃からやってはいたけど、機体の広い部分が丸見えになるし
 単調なので機銃でやられやすい、あてやすいなあと最近思った。
 下にいくスプリットSはまだよいけど、上にいくインメルマンターンはあがる直後に
 よく狙われてる。

・バレルロール
・シャンデル

 機銃が当てにくいと思う動きはやはり斜めの動き。
 真横や真上は偏差であてればよいけれど、斜めは照準も調整する必要があるから。
  
・ハイ(ロー)・ヨーヨー 
 相手の動きと同じように動いて追いかけてる際にスピード調整等が同レベルで
 追いつけないときにかなり有効のようです。
 一旦上がって(下がって)鋭角に切り込む感じ。
 まだ数回しか試したことないけれど確かに後ろを詰めれる。


どれもが立体的にどういう具合で飛んでいるのかがイメージできないと
ただなんとなくやってるだけになってしまう。
これら使えば大丈夫なものでもなく、組み合わせたり使いどころを考えないと
これまた単調になってしまうのでしょう・・・。
さらにいえば速度調整ができてなかったらただの的だし。


戦果はだいぶ増えてきました。
キルは相変わらず少ないんですが無力化はそれなりに増えてきました。
もう数えるのがめんどくさくなっちゃった;

0 Comments

Leave a comment