『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UMP-45とG3A3とMP-7

パッチ1.06の武器調整の中で一番大きな変化があったのではと思っているUMP-45。

今までは弾速もなく威力もなく日の目をみることのない武器と思っていたら。

UMP.png

威力が34にグレードアップ。
これでLMGを除く武器ではG3A3だけだった3発で倒せる武器の仲間入りに。

G3A3よりよい部分は、
・ROFが少し速い。
・スプレッド全般がMP-7同等の精度を誇る。
・リコイルも上左右ともに平均的で低い。


悪い部分は
・弾速がすこぶる遅い。
・中距離以上になると威力がガタ落ち。
・サプレッション効果は一般の銃と同じ。


これなら近距離に特化する形で考えれば十分頼りになりそうな銃になってきた。
近距離なら悪い部分もだいぶ相殺されると思うけど、弾速が恐ろしく遅いのが
どれほど影響があるか。

G3A3というよりMP-7と兄弟みたいなイメージかな?
威力ないけどスピードで勝負か、遅いけど威力で勝負か。

化けてくれるかどうか、自分にとって扱いやすいかどうか。
リコンはMP-7を使っていたけど、ちょっとUMP-45を使ってみよう。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。