『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタッチメントを改めて比較

なんとなく使用感でセッティングしがちなアタッチメント。
実際にメリットデメリットをもう一度頭に叩き込むべく比較してみました。

※全て左がノーマル、右が該当装備済の状態です。
※太字はデータにあらわれない特殊効果

--------------------------------- Barrels ---------------------------------

■ヘビーバレル
・威力減衰終了値UP
・ADS精度UP
・腰だめ精度DOWN
・リコイル上増加
heavy.png

■レーザーサイト
・腰だめ精度UP
・敵にばれやすい
lazer.png

■サプレッサー
・ADS精度UP
・リコイル上減少
・発射時ミニマップ非表示
・威力減衰開始値DOWN
・威力減衰終了値DOWN
・弾速DOWN
・腰だめ精度DOWN
sup.png

■フラッシュサプレッサー
・リコイル上減少
・マズルフラッシュ低減
・腰だめ精度DOWN
flashsup.png


--------------------------------- Ergonics ---------------------------------
■フォアグリップ
・リコイル左右減少
・ADS精度DOWN
foregrip.png

■バイポッド
・ADS精度UP
・腰だめ精度UP
・リコイル上左右減少
・バイポッド展開必要
bypod.png


改めてみて思ったのは、サプレッサーの弾速がPDW並みに下がっていたこと。
自分的には腰だめ精度が下がってしまうとかなりつらい戦闘になってしまうので
ヘビーバレルもサプレッサーもフラッシュサプも装備しないです。。。
バイポッドはデメリットがほぼないに等しいですが、予期せぬときに展開してしまうことがあるのでつけません。

同時に装備できるフォアグリップの取捨選択が難しいです。
昔はつけてましたが今はつけてません。リコイルを重視するかスプレッドを重視するか・・・。
人によって装備が違うということは極端な性能になっていなくてよい感じです。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。