『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

M417とM39EMR

M417を500キルほど使ってからいろいろと見えてくるものがでてきました。

・弾数はそんなに多くなくてもいい
 敵1人につき2発で倒さなきゃやられるので20発も撃ち続けるような場面に出くわさない。
・多少は腰だめでもあてれないと前線では扱えない
 敵単体であれば落ち着いてADSできても、複数いると自分の眼ではADSでは追付かない・・・。
・リコイルよりスプレッドのほうが気になる
 リコイルは制御できてもスプレッドはどうしようもないのは周知の事実。
 ADS時の拡散は結構重要かも。

以前の記事でデータを元にM417を選択したけど実際使ってみた際の感想を元にもう一度考えてみた。
基本的にはデータどおりだったのでM417に替わるものとすればM39EMR。
SVD,MK11,QBU-88はどう見てもM39EMRの下位互換。せめてRPMが高ければ選択の余地があったものの・・・。

SKSはダメージが50ないので論外、1発の差は大きいしこれ使うなら普通の銃を選択する。
M16は4発でRPMは800、SKSは3発でRPMが333。M39EMRは2発でRPMが300

2発で倒せる、ヘッドショットなら1発だからこそ利点がある。

緑がM16A3、橙がM39EMR

緑がM16A3、橙がSKS

上の画像でM39EMRが15MまでM16A3のTTKを上回ってます。
M16を上回るのはRPMが高いFAMASとかだけなのにRPMが低いM39EMRが上回る。これが1発の重み。
15M以上になると50ダメージではなくなるため逆転されますが15Mで十分。
しかもこの逆転現象が起こるのはM417とM39EMRだけ
MK11とかはRPMが少し遅いので完全に勝ることにならないのだ。


■M39EMRとM417の性能差
弾速M39EMR>>>M417
レートM39EMR>M417
ADSM39EMR>>M417
HIPM417>M39EMR
弾数M417>>>M39EMR
RECOILM417>M39EMR
1発あたりの集弾DOWNM417>M39EMR
1秒あたりのブレDOWNM417>M39EMR

無題

性能に大きく差があるのは、弾速のM39EMR、弾数のM417。
腰だめ時の拡散はどちらもレーザーサイト装備でかなり軽減される。

しかし前線で使っていて気になった点は

突然遭遇→焦ってADS→初弾外れる→以降連射するも照準あってるのにあたらない→やられる

というパターン。
普通の銃ならそれなりのレートがありフルオートで撃ってるからあたってくれてるんだと思う。

となれば少しでもADS時に拡散しないほうがいいのでは。
実際そういうパターンはM417のほうが多かった。
というわけで今はM39EMRも併用中。


セミオートを使用するようになって、他の銃でもヘッドショットを意識するようになり
「落ち着いて狙う」という部分が定着してきた感がある。ハンドガンの苦手意識もなくなってきた。

今は無理やりどこのマップでも使ったりしてるけど場所を選べばなかなか面白い銃。
特に拠点間が広いマップでは遠くから見張ってる敵を排除しながら前に進めるのがありがたい。
狭いマップではMP-7,広いマップならM39EMRでリコンは決まりそうだ。


まぁでもM16A3つよいよね、隙がないというか弱点がないというか。。。

0 Comments

Leave a comment