『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back To Karkand

BF2ユーザーが期待してやまないカルカンドを含めたマップがもうすぐだ。

少しずつ動画などで明らかにはなってきているけど気になる部分も多い。


これがBF2のカルカンドマップ。

コンクエなんだけど、見ての通り、スタートが公平じゃない状態からスタートしていた。
その代わりチケットもUS側がいくらか多い状態。

初めが今で言うラッシュのような始まり方になっていた。
USが攻撃、MECが防衛みたいな。

US側からみた一番手前の拠点がホテルといわれていた拠点で、USは正面からホテルを取りに行くか
左の山、もしくは右側から抜けるかのおおまかに3ルート。
一旦硬直してしまうと手榴弾合戦となってしまうこともあったけど、拠点付近は市街になっていて
隠れる部分も多いし、ホテルを抜けると途端に広くなるため一気に波乱の展開になりやすかった。
ただBF2ではスナイパーライフルやRPG等があまり脅威でなく使う人も限られていたのもある。

これをBF3で考えてみると何か嫌な予感もする。
しかしコンクエメトロと違うのは狭くなったところを切り抜けるルート、及び抜けるための道中で
敵に身体を晒し続ける場面が少ないこと。

上空写真ではわからないけど、実は高低差が結構あるマップ。
左側が丘のようになっていて川にかけてさがるイメージ。

あとBF3ではハンヴィがRPG一発で全員やられはしないことも大きいかも。
奥に抜けるために徒歩でじわじわいく分隊もあれば、ハンヴィで一気に抜けようとする分隊。

ラッシュ的な要素を序盤に持ちつつ、旗取り合戦ができたからなのかな。
当時はラッシュなどなかったから気にもしなかったことだけど。

残念なのが今回はどうも右側川を越えたあとのマップがなくなってるらしい・・・。
分岐点でもあったあの川以降もまた違う展開になって面白かったんだけどなあ。

ちなみに収録マップは4マップ。
カルカンド(歩兵車両マップ)
ウェイク島(上陸作戦が楽しめるマップ)
オマーン(デモ版で有名ななんでもありマップ)
テレビマップ(歩兵車両ヘリマップ)

カルカンドにつぐ人気だったタマネギマップが入ってなかったのが凄く残念。
特徴的なマップを代表して選んだのかな。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。