『GAMER TIMES』

さあゲームの時間だ。

【AVA】M4A1 MkⅡ使用レポ

G36の挙動が変わったのか使いづらくなってきてタボールを購入した次第だったんですが、
直後にM4 MkⅡが実装。

でも正直そのときは興味がなかったんです。
昔使ってみたときあの連射の速さについていけないことがあったためです。
なので実装されてても、あっそう?くらいにしかおもってなかったんだけど・・・。

武器名種類価格(€)攻撃力射程精密度安定性機動力連射力装弾数
G36永久37,00036507255505030
TAR-21永久44,00033455860526030
M4A1 MkⅡ永久42,00032426552556730

そもそもこの3種類を見比べること自体間違っているのかもしれないけど、大きく分けて
AKをはじめとする高火力系とG36のような集弾系の2つでタイプ分けした場合ということで。

なぜM4を使用してみようと思ったかは、TARを購入したきっかけ同様、護衛においてRMを状況に
おいて使用していきたかったこと。
自分の中でPMではAKSというのはだいぶ固まってるのですが、室内じゃないときとかそんなに
急ぐ必要はない場合、戦車周りでがっちり護衛したい場合などでもっとRMの特性を活かしたかった
からで、それでTARを選択したのに、M4 MkⅡの安定が高くなったこともあり、耐久あるし
ちょっとつかってみたら意外によい感触。

なんでいいのか初めはわからなかったんだけど、恐らく機動力と瞬間火力。
確かに弾のばらつき具合はタボールのほうが安定してるけど、基本前へ前へ行く護衛に
おいて言えばそこまで遜色ないし制御できるレベル。
攻撃力1の差があっても連射が違うので出会い頭での戦いで差がでた。
勿論接近戦を意識しているわけではないから、PMの得意距離で戦わないようにする立ち回り
は必要だけど、中距離はもちろんそれ以外でもそれなりの動きができる印象。
ただしAIMの調子が悪い日は、お話にならないくらい当たらない時があるけど。。。

やはり戦車周りでの攻防は、スピードより防御力のあるRMのほうが生き残れるのが嬉しい。


戦車を少しでも進めるために、戦車のキャタピラにくっついてしゃがみ、ひっそり動くんだけど
たまにそうやって移動してると戦車のキャタピラの中に吸い込まれ死んでしまうことが・・・。

0 Comments

Leave a comment