071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の矢よ!

あいかわらず5割をいったりきたりしてる程度の雑魚乙です。

大型バージョンアップがあったものの、リーグがなくなったこともあり
いまいち人が増えないコアマス。

同じ人ばかりにあたったり、コアタイム以外だとなかなかマッチしなかったりと
過疎が過疎を呼ぶ悪循環がなかなか脱却できない。


最近使用しているマスタは以下のとおり。

■パラモス
 現状一番利用頻度が高いマスター。一応自分の中では一番まともに動けるつもり・・・。
 Ver2.0まではQWRのみでEが死にスキルだったのでとってなかった。
 バージョンアップ後Eの鬼射程に惚れてしまい、RQEWととってやってるけどなかなか難しい。
 唯一の範囲スキルであるWをまともに取ってないのでファームが非常に遅い。
 さらにEは最低LV4までとってかつ、物理攻+攻撃速度をあげないと正直使い物にならないので
 序盤から強かった以前に比べ、かなり大器晩成となってしまった。
 
 しっかりと視界が確保されてないと射程が長くても使えないことと、
 スキルONOFFがすごく遅く射程内の状態で使うと近づかれて大変なことになる。

 その分、壁越しや絶妙なタイミングでの発動、味方を盾にした際にうまく使えると
 確実に一体は戦線離脱させることができる。

 しかし使いどころが常にあるわけじゃないので序盤は上げないほうがいいのかなと思いだしてきた。
 QWが育って、長期戦になりそうなときに使うようにしたほうがよさそう。

■シルビアン
 WEのファームの速さがすごく気持ちいい。今魔攻ビルドで練習中。
 Rに癖があるので苦戦中。LOLで初めて使ったAsheみたい。Asheの矢にはスローがついてたけど。。
 パッシブのステルスっていらないよね・・・。そんなじっとしてる時間なんてないし・・・。
 1秒で消えてくれるならいいんだけどなあ!
 まだまだ操作に慣れておらず、スキル誤爆多発中。。

■ウンバクンバ
 使い始めた当初は、魔攻治癒特化という不可思議なビルドでやってました。
 そもそも自分がコアホルダーをするなど思ってもなかったので・・・。
 
 勿論お犬様や、ステルロンなどこれぞコアホルマスタには劣るけれど、Wの逃げ足の早さは随一という
 こともあり、目立ったコアホルがいない場合、コア持ちすることが多くてタンクビルドに変更。
 これが本来の姿だったのでしょう・・・。
 ただBlinkスキルとかCCスキルもないので、スピードは一番とはいえ、ウィーケンとか食らったらアウトなので
 キュアポーションも持つべきなのかなあ。
 
■ヤミー
 ちょっと他のマスターに飽きたときにちょくちょく使用。QERメインの魔攻ビルド。
 Rが気持ちいい。Wをいっぱい使うとすぐマナが切れる。Qの予測配置があたったりあたらなかったり。

■ジルゲル
 こちらもたまに気分転換で使います。タンク気味のビルドで。
 
■クラカデュン
 最近あまり使ってない・・・。体力コストがアップしてしまったことで全体的に火力重視の中、
 なかなか近接がむずかしくて・・・。

スポンサーサイト

【BF4】AWSクローズアップ2。

AWSの詳細がSymthicにあがってから随分たってしまいましたが。

12.png

AWSの特徴は、LMGに属していながらアサルトライフルよりな性能をもっていること。
今までそういう立ち位置のLMGはLSATなどがあるにはあったけど、どれも700RPMに満たないものばかりで
ただでさえ苦手な近距離をさらに厳しくさせるものしかなかった。

個人的にこのAWSの特筆すべき点は、弾数と各性能のバランス。
BF3も含めて、アサルトライフルに近かったLMGたちは弾数が50発弱ばかりだった。
なのでちょっと多いかなレベルのものだったのが、100発だと随分リロードする回数が減る。

ADS時や腰だめの際のスプレッドはさすがにLMGを受け継いだ性能なものの、
780RPMと理想的なレートでこの程度のリコイルと100発持っているのはなかなかのもの。

アサルトライフルとくらべても優れている点は2つ。
・スプレッド拡散上昇値
・1stリコイル上昇値


これらが優れているということは、連射時の弾の拡がりが抑えられるということ。
1対1でアサルトライフルと対峙してしまった場合は単純な性能的には劣るため
単独行動は控え、複数人同士の戦いの中では光る部分はでてくる。

LMGの魅力は対複数、リロードする暇なく続く戦闘でもハンドガンをだすことなく戦い続けられること。
前に前に動きつつそれができるのがAWSのいいところ。
ただし性能的にも何かが突出しているわけじゃないので、場面場面で強い武器にぶち当たると
負けまくることも。

【BF4】バリスティックシールド!

使ってみましたさっそく。

結構な重さだと思うんですが、使ってない時は一体どこに保持してるんでしょうかっていう話は
いまさら愚問なことです。

■使用感
やはりあのもっさりした動作がネック。
咄嗟に使うことなどまず不可能なので、事前に使うぞーって感じで気構えしておく必要がある感。
だされた方は一瞬怯むしとりあえず撃ってくるので、わりと防げるのは確か。
しかし冷静な狙撃兵がビューポートを狙ってきたり、脚狙われたり油断できない。

足も遅くなってしまうからなかなか使いどころは難しい。
せめて盾構えたままハンドガンくらい撃てたら。

爆発ダメージも軽減できないからさらにつらい。それくらいは防げるだろう?

拠点防衛時、低い塀など足が隠れる場所での撃ち合い、互いにいるのがわかっている状況での
飛び出しての撃ち合い時など、決まったシチュエーションでは用途があった。

文字通り自分が盾となって、その後ろに味方を引き連れて強引に進軍して突然散開する
ジェットストリームアタック的な使い方もできるんじゃないかなっ。


万能すぎたら盾だらけになるだろうしね。このくらいがちょうどいいんじゃないかと。

大体、援護兵のガジェットは豊富すぎて、さらにどれもその場その場の状況で使い分けたいもの
ばかりなので、選択が難しい。結局C4かXM25持ってるんですが。
  • category:BF4

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。