061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2014年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon's Teeth ファーストインプレッション

遅まきながらDragon's Teeth入ってみました。

新マップは4つですね。
毎度のことながら、兵器もなんでもありな野外マップ好きな個人的な観点でのレビューです。

■Pearl Market
Flood Zoneとかなり似てるマップ構造。
地上部分とビル部分の立体マップ。
Flood Zoneは屋上に拠点があり、こちらは地上にある部分に違いがある。
Flood Zoneよりは拠点の配置がよさげで一方的になりづらい。
地上が拠点なので、地上、2F、屋上とどこにも敵がいる状況が多いので
慣れるまで要チェックポイントが絞り込みづらい。

■Lumpini Garden
タイの公園、ルンピニー ガーデンだそうです。
壊れた高架線路がちょっと頂けない感じですが、全体的な雰囲気と拠点の配置的には好印象。
兵器はまったく出現しない歩兵マップ。

■Propaganda
縦に拠点を分断させることなっているレールと道路のせいか、反対の拠点にいきづらい、
いこうとする人が現状少ないため、必死に3拠点並んでる右側真ん中に夢中になりすぎて
一方的に押し込まれている状況が非常に多い。
タンクが道路を制圧していると、反対側にいけないし、拠点に居着いても脅威な状況のため
タンクの乗り手次第で大きく変わりそうな印象。

■Sunken Dragon
水上レストランがうっとおしいことこの上ない。
やたらと上に残る輩が多いし、水が減ったり増えたりして一番下は居心地が悪い。
各屋上に居座るスナイパーの数も多いし、今のところいい部分が見当たらない。

その他の追加として個人的に一番気になるのは、バリスティックシールド
まだ使ってないけれど、使用者の話を聞いているとそこまでの実用性はないとか。
ありすぎると盾だらけになるだろうしね。

あっそういえばそもそも援護兵があまりいなかったね。

今ちょうど援護兵の★あげ中なのでずっと使っているので使ってみようか。
動画を見ているときになるのはやはり展開速度か・・・。ちょっと遅いね。
盾してても脚にはあたるらしいし、動きは遅くなるし、そんなに万能じゃなさそうだけど
咄嗟にだされて無駄弾ださせて反撃するとか、ピンポイントでうまく使えるといいんだけど。
スポンサーサイト
  • category:BF4

久しぶりの復帰

別にBFがいやになったわけでも飽きたわけでもなく、仕事が忙しくなって
毎日ログインが途切れてしまって、なんとなく別ゲーに動いちゃっただけで。

しかしWar Thunderしかりコアマスターズしかり長続きするほど熱中はせず。
コアマスターズは短時間で終わり気軽でいいんですが、いかんせんマッチングが。
4対4なので、一人のウェイトが高く、一人がやる気ないとか初心者ってだけで負けてしまう確率が
あがってしまう。
それはまあ仕方ない部分はあるにしろ、一番の問題はPTとマッチングさせられること。
4人全員身内と野良の集まり。

BFでいうなら、敵32人全員がクラン、味方は野良の対戦。
vsYouのイベントで楽しむ分にはいいんですが、それが普段からよくでくわしてしまう。
ログインしている人数が減っているため、余計にその確率が高くなってくる。
人数が少ないから、対戦終わってすぐマッチングかけると、同じ人、敵も同じPTとかってことも・・・。
人数減少が負の連鎖になってしまっていて止まらない状態。

まあマッチングの問題をいってるけど、一言でいえば自分の腕が足りないだけですが。ガクッ

で、久々にBFにログインしてみました。
なんだろう画面がものすごく狭く感じて速く感じてしまう。
3ヶ月ぶりだけど、幸い操作は覚えていた模様。
そして思っていたほどボロボロにはならず、3戦くらいで画面に慣れたのも幸いです。

とりあえず目標を設定してみた。
もともと、どの兵科も満遍なく使えることを目標にしていたので、
各兵科の星を20にすることを目標に。

現状は
突撃兵 17
工兵  20
援護兵 13
偵察兵 17

どうしても工兵は使用頻度が高いのは仕方ない。。。
ここのところ偵察兵で突撃GOLも要所要所で使ってるので偵察兵もあがりだした。
問題は援護兵だったけどAWSがよいのでがんばれそう。

しかしこれは器用貧乏ってやつだね。。。





  • category:BF4

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。