1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

date :2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aftermath武器バランス修正

Aftermathのマップトレイラー等も動画があがってきてリリースも近くなりました。

動画を見てみたけどマップの広さ的にはさほどでもない感じ。
恐らく戦闘機はでてこないので言われていたとおりB2Kのイメージ。
なんだかんだといって、やはりB2Kのカルカンドとシャルキは楽しいから
それに近いバランスだと嬉しいな。

横の広さはさほどでもないけれど縦の広がりがある様子。
建物を駆使した戦闘で、既存マップイメージでいえばセーヌでしょうか。

スカベンジャーとかいう新しいゲームモードは賑やかなのは初めだけでしょう。
ガンマスターと同じ運命。

今回のDLCで一番気になるのはクロスボウ

もうバトルログでは表示されてますが、どの兵科でも装備可能でした。

アサルトはM320と同じ位置。
エンジニアはRPGと同じ位置。
サポートはC4と同じ位置。
リコンはUGSと同じ位置。

こうやってみるとこれら兵科ごとの優良ガジェットをさしおいて選択するのか?
というところ。
例え矢の種類で兵器にきくようになったりしたとしても、選択を変更するくらいなら
大人しくエンジニア選びそうだし。

ただこれもって動かない芋が増えないかが心配。
気になるのは撃っても音しなさそうだしミニマップに表示されないんだろうか。。。
既存マップでは使えなくしてほしかったけどな。

あと同タイミングで調整される武器のバランス。
割と上方修正が多い中、気になるのは下方修正であるM416とM5K。


M416: 初撃時と水平方向へのリコイルが僅かに増加。
M5K: ダメージが高く制御し辛いPDWへとフォーカスするため、水平リコイルが増加&垂直リコイルが減少


M416は明らかにダウングレード、わずかというのがどの程度なのか次第か。
M5Kもちょっと数値によっては扱いづらくなりそうだ。
垂直リコイルといっても、実際は上にあがるだけだから制御楽だけど
水平リコイルは左右に散るためほぼ制御など不可能。

M5KをいじってきたということはやはりPDWの中でも少し浮いた存在だったのを
認識していたのか・・・。


■現状

Wepon1st
M4160.260.150.201.80x
M5K0.500.300.301.55x


スポンサーサイト
  • category:BF3

M5Kの隠れた性能

PDW(パーソナルディフェンスウェポン)に位置づけられるM5K。

個人防衛火器というだけあって近距離に特化した性能で
他PDWと共通した弾速の遅さはあまり変わらない。

PDWの中で下にあげたものは他の全武器とは違う性能を持っています。
武器威力Rate弾速
M5K25.0900RPM380 m/s
PP-200025.0650RPM360 m/s
MP-720.0950RPM390 m/s
P9020.0900RPM420 m/s
PP-1916.7900RPM320 m/s

上記にあげた武器たちはすべてDrop-Off Startの数値が12m
アサルトライフル等、他の武器は8mもしくはそれ以下。

しかしなぜPDW-Rは8mなのにM5Kは12mなんだろうか・・・。
同じ威力25のPP-2000はレートが低い欠点があるというのに。
弾が違うからなんだろうけど。。。

というわけで上表でもM5Kが一番その恩恵を受けています。
何せ威力25でレートも早く弾速もPDWの中ではよいレベル。
4発で倒せる距離が単純に伸びるわけで、あのレートでそれなら
そこそこの距離でもアサルトライフルを相手に弾速の遅さを補う能力となる。

至近距離のイメージが強いけれど、むしろ他武器が5発必要になってくる
8m~12mが一番有利にたてる距離になる。
反動の大きさもトップクラスだけど、この距離であればレート的にも右にでるものはいない。
リコイル制御ができ、この距離感を掴めたらかなりのアドバンテージ。
12m以降はメリットがまったくなくなりデメリットが際立つためこの武器を
使う理由がなくなる。
まあそんな細かい距離をいちいち気にはしてられないでしょうけど。

常にそのくらいの距離感で戦えるバザー、局所戦闘で一時的に使う程度にはなりそうだけど
最大限生かせる状況があるなら兵科だけでなく武器も切り替えてやるほうが
AIM鍛える云々よりも成果はわかりやすい。
  • category:BF3

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。