0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BFBC2】銃名鑑[M16A2]

M16.jpg
「悲運の名銃」

どのFPSでも必ずといっていいほど存在する有名な銃。
自分は遥か昔中学生の頃にM16A1のエアーガンを買った記憶がある。
有名すぎるからかどのFPSでも初期から存在し、初期から存在するからこそ
後続の銃に押されてしまい、以後使用しなくなるというパターンが多い。

しかしBFBC2ではなんとアンロックの最後尾に位置していた。
せっせと最後までアンロックしてからすぐにM16A2を使い始めた。
3点バーストだけど近距離でも戦えるし、リコイルは多少あるけど、胴撃ちから入れば
中距離でもちょうど3発目がヘッドショットになる程度なので自分は扱いやすかった。

しかし不運はすぐに訪れる。
一度目の大規模パッチにて武器の大幅バランス修正がさっそくなされた。
その当時自分的にはそこまで頭抜けている性能とも思えなかったし、アバカンが精度と攻撃力的に
強いんじゃないかと思っていたため、まさか下方修正対象になるとは思ってもいなかった。

蓋をあけてみればM16は下方修正(攻撃力ダウン)、アバカンは上方修正(攻撃力アップ)
このお陰でアサルトライフルは全ユーザー的にもアバカン一色となってしまう。

M16は最大攻撃力が少し下がってしまったけど、実質1発程度余分に撃つレベルにとどまったので
使い物にならないほどではなかった。
ただアバカンが強くなりすぎて完全に影が薄くなってしまった。
パッチ前は日本では既にアバカンを使用する人が多かったが、全世界で言えばM16のほうが
かなり使用されていたらしい。

結局パッチ後アバカン一色となったのを危惧したか、今度のパッチでアバカンの性能を
以前に戻すという決定がなされた。

これをM16を使っている自分にとっては素直に喜ぶべきかといえばそんなわけでもない。
確かにアサルトの武器選択の中だけでいえば、選択肢も変わるかもしれない。
だけど、そもそもアサルトの武器全般が他兵科に劣っている、もしくは同等といえなくもない。

突撃兵というわりには突撃するならLMGのほうがいいとか。
攻撃力で言えばSMGとさほど変わらないじゃないかとか。
だからそうするよりは他の武器を全般あげてくれたほうが、アサルトの存在価値が増えるのでは
と思ったりもする。

アバカンに慣れてしまうと2点バーストと3点バーストの違い、リコイルの違い等で
扱いにくく感じるかもしれない。
さらに下方修正があったために、初期武器であるAEK-971と性能差がほとんど見られなくなってしまった。
違いは3点バーストかフルオートか。

そんな中途半端な状態になりつつあるが、今回ばかりは決してお蔵入りになるような
性能ではない、メインストリームとなれる性能は秘めている。
スポンサーサイト

【BFBC2】銃名鑑[VSS Snaiperskaya Special]

ここ最近スター集めという自己満足に走っていたのですが、そうすると必然的に
いろいろな武器を使わざるを得ない状況になるわけで、苦労する武器もありましたが
新たな発見や再確認できたことなど、あながちただの自己満足にはならなかったようです。
確実に攻撃手段の幅は増えたし楽しみも増えました。

bfbc2.jpg
「隠れた名銃」

誰かがこれを使って恐ろしい突破をしてきたのを見たことがあって
使ってみたのだけど、はじめはまったくだめだった。
連射はできるけどリコイルが強すぎるからかあたってるようなのにあたらなかった。
しかし慣れていくうちに次第に感覚をつかみ扱える武器に変貌。
何より無音に近いサプレッサーとギリースーツにモーションセンサーと裏鳥するには
もってこいの装備。
裏鳥成功したときに敵がのんきに前を向いているのを見つけ、つい撃ってしまい付近の敵に
ばれてしまったなんてことは少なからず経験があるはず。
しかしVSSなら付近の敵には気づかれない、撃たれた本人もどこから撃たれたかわからない。

そもそもBFはCQB形のCSやAVAのように敵を発見したら即攻撃、反応速度とAIMが勝負を分ける
わけではなく、例え背後を取ろうがその敵を倒す必然性がない限りは無駄な発砲は極力
避けるべき。
BFは立ち回りゲーと言われているけど、決してAIMが速いこと正確なことが必要ないとは
思わない。どうにもならないときは当然正面で撃ち合いをしなきゃならないときだってある。
でもいつもそのAIM技術を前面に押し出すのではなくうまく立ち回って交戦しないようにしたり
死角から攻撃する動きをしたりと考えれるパターンが豊富にあるからそう言われてるのだと思う。

それは狭い空間ではなくそれなりに広い空間があるので定石パターンと言われるルートはあっても
それ以外にも無数にルートは存在するからだ。
逆にCQB系はどうあがいてもルートは数パターンしかなく、待ち構えている敵を突破するための
AIM技術は必須になる。

そういう意味でも多少交戦しても敵に気づかれにくいサプレッサー付銃は重宝するが
アサルトやメディックの派手で敵をなぎ倒せる武器の陰に隠れているのは事実だし、
癖の強い武器であることも事実。
いつでもどこでも装備できるようなものでもないし、慣れるために多少使い込む必要はあるけど
使いどころによっては十分強いし面白い銃の一つだ。

【BFBC2】戦車・ヘリの運用

戦車・ヘリ等に搭乗する際、SPEC3につける装備を何にするのが最適か。

■V ELECT
 C4対策としてはいいが、常に動き回る、狭いところで止まらない等の
 立ち回りで対応したほうがいい。
 UAVに乗ると決めたときくらいか。
 
■V ARMOR
 即爆破に近いC4や地雷に耐えれることもあるかもしれないが、
 全般的に恩恵は感じられない。攻撃に耐えるというよりは避ける運用で。
 
■V WARHD
 対人に対しては即死半径が多少広がるが、対戦車ではこれをつけるより
 弱点を確実につくほうが効果大。
 Wiki等では横と後ろは2倍としか書いてないが、実は細かく場所ごとに倍率が
 設定されているようだ。

 ・各部位のダメージは以下の通り。青→緑→黄→橙→赤の順でダメージ増
 www_dotup_org877611.jpg
 
■V RLOAD
 装填速度が早くなるので結構な脅威を与えられる。
 しっかりと弱点をついていけばこれが一番の攻撃力となる。
 軽戦車だと対歩兵にとって恐ろしい弾幕になりうる。
  
■V SMOKE
 トレーサー対策にはうってつけだけどスモークの再装填が長いため
 雨のようにトレーサーがくる現状ではいまいち効果が薄いときがある。
 しかし前線に行って撒くとアサルトのスモークの何倍もの煙があがるため、
 歩兵前線押し上げの助けになる。
 
 ヘリは本来ならフレアがあるはずだが現状でてこない。
 次パッチで実装されればヘリに乗るならこの装備となりえる。
 
■V OPTIC
 遠距離でのM-COM直接攻撃用でしかない。
 
■V ALT W
 重戦車  機銃
 軽戦車  対戦車ミサイル
 対空車両 機銃
 UAV  機銃
 ヘリは1番席にはヘルファイア、2番席だとトレーサー
 
 重戦車ではあえて選択するほどではない。
 軽戦車に乗る場合は同型対戦で圧倒的有利に立てる。
 対重戦車にも効果があるので選択肢の一つに。
 ヘリも攻撃内容が増えるため、選択肢としてあり。
 

【私的装備】
■重戦車
 V RLOADもしくは、V SMOKE
 
■軽戦車
 V ALT Wもしくは、V RLOAD
 
■ヘリ
 V ALT Wもしくは、V SMOKE(実装後)
 
そもそもいつどの車両に乗れるかはわからないので、各兵科基本はV RLOAD装備。
状況によってV ALT WやV SMOKEに変更するように。

【BFBC2】これぞBFの光景!?

【かっこよすぎる光景その1】

ラッシュ島マップでの出来事。自分は防衛側。
攻撃側はヘリ特攻してくるくらいで攻めてこない。

さらにヘリ特攻が失敗したときにヘリが爆発せずに不時着。

当然それを奪った味方側。そして敵側へ。

瀕死になって戻ってきたその時だった。

AとBの間あたりに着陸するのかと思いきや、真下に1人の工兵が。
そして工兵のドリルがあたるくらいでホバリング。
その工兵は上に向けて修理を始め、終わったらそのまま飛び立っていった。
同じ分隊だったのか、VCで繋がっていたのかわからないけどかっこよかったな。


【かっこよすぎる光景その2】

ラッシュLAGUNA PRESA防衛側での出来事。

第2拠点までは圧倒されて一気に押し込まれていた。
しかし守りやすい第3拠点で防衛ラインがしっかりしてきて押さえ込んでいた。

するとある敵側の一群が軽車両に乗ってこちら側に突っ込んできた。
おおなかなか思い切ったことをするもんだと思ってしっかりと潰したんだけど。
そこから何度も何度も突っ込んできた。

序盤第二拠点までの勢いがあり橋付近は制圧されていて橋が破壊されてなかったんだけど
その後押し戻して橋を壊したのに、お構いなしに突っ込んでくる。そして落ちるw

傍からみたらただの無謀にすぎないかもしれない。
けどなかなか面白かった。あんなことができるのは海外の人に違いない。ユーモアがある。
本当にただ突撃してただけなのか、きっかけを作るための布石だったのかは結局わからないが。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。