0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

category :BF3 MOVIE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦:SV98

基本的に机上の空論だけにとどまらないよう、データどおりなのかそれ以上なのかそれ以下なのか
実戦で試しています。今回は300キル程度使用してました。

そして久々に動画を撮ってみました。
さてSV98でどれだけ果敢に攻めていくことができるのか。

SV98 PKA-S→KOBRA 


SV98 ホログラフィックサイト


M39EMRと立ち回り的にはかわらないけれど、
常にヘッドショットを意識するM39と
ある程度の距離なら当たればいい状況のSV98で気分的に楽なときはあります。
ただやっぱり出会い頭とか突然出てきた敵に対してはとことん弱く
複数人の敵にも対処しきれない。
典型的な状況が1つ目の動画の3:00の場面。
元々複数の敵が同時に出てきたとき、狙う的に迷ってしまうことが多いうえに、
1発外すと致命的な状況になるので、こういう場面が増えるなら使うべき武器ではないでしょう。
逆に互いに攻めきれず牽制しあっている場面ではとことん強いです(動画1つ目6:00)。

全般的に使ってみた感想はこれ外れるのかという腰だめがあったこと。

これらは全て他方からのサプレッション効果が効いているからだと思います。
特にバザーではかなりぼやけてるのが多いです。
1発しか撃てないSV98にとって厳しいサプレッション効果。
これは前にいけばいくほど増えていくため、より先に撃たなければなりませんね。。
そして基本はヒットアンドアウェイ。1発撃ったらすぐ隠れる。

2つ目の動画は、狭いマップのバザーで、サイトをホログラフィックにしています。
なんだかんだとホログラフィックは倍率そこそこ覗くスピードもよく広いため
スナイパーライフル系ではありがたいサイトかもしれません。
こっちはもっとサプレッションに悩まされることになりました。

徹底して当ラウンドは偵察兵しか使わなかったですが
もっと使い込んで胴撃ちの感覚もつかめればもう少し戦果もあがりそうですが
常時使う武器ではないのは確かです。

スポンサーサイト

【動画】StrayCat BattleField! セーヌコンクエ



SSDに変更して、環境も整ってきたのでまた動画をあげだしました。

セーヌにしてはなかなかの白熱したラウンドだったため、このラウンドの解説をつけてみます。


■前半
 動画では欠けていますが、初動のC拠点争いは味方タンクが一直線にいってくれたため難なくゲット。
 そこはよかったんだけど・・・RPGから逃げようと橋からタンクを落としてしまっていた・・・。
 逆に敵さんはCははなから諦めていたようで、Cにタンクがくることもなく、初動の大半の勢力がD方面に向かっていた。
 序盤はDやEをおろされそうになったりもしたけど、押さえきりCDE拠点安定期に入る。 

■中盤
 3拠点維持が続くと、そろそろBをとなってくるもので、案の定味方がC→Bルートに集まりだす。
 そこを突いてD側の橋から敵が流れ出しDがとられてしまった。
 Dを取り替えそうも主力が両側の建物に居座っている、味方の援護も少なく散発のため奪還までいかない。
 5分あたりで建物を奪おうとしたけど、C4設置音が聞こえたため、グレで威嚇しつつ入ったんだけど・・・負けた。
 むきになって何度もアタックしてて、気づいたら前半のアドバンテージがなくなっていた・・・。
 拠点は2-3で負けたまま、チケット差がなくなる。

■後半
 さすがにこれはまずいと打開すべくCからAへ川沿いにいく得意ルートで味方が沸いてくれたこともあり少人数で即奪取。
 CDEをとっている状態でのB攻めは当然のごとく敵が固まってることが多くAががら空きなことが多いため
 あのルートでAにいけば結構とれる。Aの端っこに大体スナイパーがいることが多い。
 間髪入れず挟撃するためBへ向かう。 元々Bを攻めていた他分隊たちも勢いづいてくれ4拠点奪取、再度逆転の辛勝。

■総評
どちらもタンクの存在感があまりなかった。このマップは慣れてるタンク乗りがいたら圧倒してしまうから。
奪えないからとムキになってはいけない。もっと早く切り替えていれば。
橋の上で攻めあぐね、後ろをまったく気にしていなかった・・・。
Dはとられちゃいけない。両側の建物も制圧されるとなかなかとれない要塞と化す。


このマップにしてはなかなか白熱した戦いでした。

しかし最近のリロード癖が酷い。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。